設立趣旨

日本経済が低迷期に入り、20年が経過しようとしている。慢性化した不景気は日本人に自尊心の崩壊と生活基盤の破壊をもたらし、日本社会にとどまらず世界的に大きな影響を 与えている。日本社会のこうした経済的危機は、特に次世代を担う子どもたちに影響を与えている。経済的理由から教育を受けられない子ども、親が育児能力を持たず放置されて しまう子ども、さらに親からの日常的虐待を受け、身体的・精神的に追い詰められる子どもが、一世代前とは比べものにならない数に上る。東大阪市でも児童養護施設が5施設、 450人以上の児童が入居している。また生活保護を受ける世帯が年々増え続け、大きな社会問題となっている。このような厳しい社会状況のもとで青少年の中には家庭環境や経済 的理由で将来への希望や夢をあきらめざるを得ない子どもたちが数多く出てきている。
一方、経済の中心はアジアに移行している。中国は12億人以上の人口を背景に、市場としての力を急激に身につけ、世界各地から中国市場に参入する企業が、大小問わず後を絶た ない。近い将来中国は、世界一の市場となる。このことに異論のある経済人は少なかろう。さらに将来的にはインドなど周辺諸国アジア諸国も台頭し、日本はアジア社会の一員、 国際社会の一員としての役割が、より求められるだろう。我々はこのような状況のもとで世界に目を向けて、自分の夢を実現するために頑張る青少年、特に児童養護施設に入居する 児童、経済的に問題がある若者を対象に、経済支援に加え社会に出て活動するために必要なスキル・教養などの社会的教育を行う。
本プロジェクトで支援を受けた卒業生が東大阪を始めとする日本社会に貢献することを目的とする。 20年後には本プロジェクトから巣立っていった若者が、日本社会の中核となる ことを信じている。

一般財団法人青少年夢応援隊
設立代表者 植田 実

企業概要

法人名 一般財団法人青少年夢応援隊
住所 〒577-0814 東大阪市南上小阪12-42(株式会社サンクレスト内)
代表理事 植田実 株式会社サンクレスト代表取締役
理事 今里政彦 株式会社エスケイジャパン取締役
冨田米一 グローバルオーナーズクラブ 会長
前田寛文 特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか 代表
評議員 須田美知子 東大阪市立日新高校 講師
木積千穂 書道家
山下伸司 シュガーヒル 代表
監事 青木伸文 朝日税理士法人